福男の戯言


by fuku-310
カレンダー

2012年 07月 12日 ( 1 )

産みいだしと、万象肯定

おはようございます。佐藤です!!

昨夜は石切のホテルセイリューにて、ナイトセミナーに参加しました。
講師は那須近畿の方面長。

企業の発展に欠かせない条件は、色々とあるが
今回は二つの例をとって、実際の事例を引用しながらの話に
成る程なーと今更ながらに、感心しながら聞き入っていました。

古来、古事記の中に「産み出だし」の項あり。
「産霊」と書いて「むすび」と言う。又「産巣日」と書いて「むすび」
とも読む。

「産」「日」・・太陽によって創り出された全てのモノ。水、空気、食物。
その太陽に感謝して生きる事の大切さ。

「巣」・・家族、家庭、コレは生活の最も基本となる。
その家に帰った所の生活がきちんと行ってないと、全てがうまく行かない。

そのナリワイが「業」となって「産業」が成り立つ。
日本人のDNAがここにも脈打っている。
日本語は実に、うまく出来ているなーとつくづく思う。

そして、「全てを受け入れよ」の精神。万象肯定!
出来の悪い息子(社員)がいた。
他は良いのになんでこの子だけが、ダメでグズなんだ。

それぞれの家、会社には良い流れと、悪い流れがある。
即ち、「徳」の流れと「罪」の流れである。
出来の悪い子(社員)は、一人で「罪」の流れを背負っている。


だから、他が引き立つし良い流れを作り出している。
その「彼」が罪の浄化をしてくれている。
そう考えると、どうであろうか??


そこで実際の事例を出しての説明。
イヤー参りました。胸にぐっと来ました。
いかに日頃の自分が、そこまで考えていなかったか
ハンマーで頭を叩かれた様です〜。


日本には色んな会があるけど、目的は一つ。
日本を良くして行こう。です。
この信じられない出来事ばかり起こる日常は教育の崩壊と
我々の精神が病んでいるからではなかろうか。

日本と言う大きなタンカーを、ナリは悪いが押したり引いたりしながら
動かすタグボートたらんと、ありたい。
人育ての学長、校長でありたい。

教育の最後の砦の企業が、経営者が学び、実践する事で日本を
行政や、学校に任せず我々が変えて行こうではありませんか。


少々大きな話になりましたが、今、人は自分の事だけを考える人が
多くなりすぎて、人の事をあまり考えない現状がある様です。
この学びを実践によって、本物にして行きたいモノです。

今日も気持ちの良い目覚めを頂いた・・・ありがとうございます040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif


感謝FUKU310
[PR]
by fuku-310 | 2012-07-12 03:23