福男の戯言


by fuku-310

職場の教養

こんにちわ。佐藤です!!

今日は私たちが朝礼に使う輪読のグッズ『職場の教養』から
進行役が選んだ4月19日の内容を紹介します。
タイトルは『ミツバチの教訓』

かつてヨーロッパの養蜂業者が、寒暖の差が少なく、
一年中花が咲き乱れるオーストラリアにハチとともに、海を渡りました。

しかし常に花が身の回りにあるという
『安心』が災いして、当初は順調に言ってましたがそのうち、
セイヨウミツバチは余り働かなくなりました。

逆にミツバチの天敵である大スズメバチが
生息するという『不安』が存在する日本。

そんな状況下でミツバチたちは天敵から身を守る為に、
集団でスズメバチを囲み、その体温によって
殺してしまう術を身につけたのです。

何のストレスもない状況に長く身を置いていると、
人間でさへも気を緩めて、退化してしまう事があります。

『適度なプレッシャーは人を成長させる糧となる』といわれる所以です。
日本を覆う経済環境は非常に厳しいものがあります。
逆境にある今だからこそ、社内の皆さんが
一致団結して、連帯の力を養いたいものです。


この話を受けて、
今社内が縦割りの責任のなすりあいをしているのでは?
と思うとかろがあったので、
『連帯』しようよ!!という事を事例を踏まえて、訓話しました。

ホントにこの教材は、何かあるごとに考えさせられる素晴らしい本です。

市販はされていませんが、よろしければ無料でお分けしますよ。
きっとよい気づきがあると思います。

今日も気づかせていただいて、ありがとうございます。

感謝fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-04-24 12:30