福男の戯言


by fuku-310
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏のクラフト

いま、じょぶクラフト祭りが最高潮に達しています。
今日は50組を超える大盛況。
200名の方が来場されるようです。

f0197504_21552531.jpg




日ごろお世話になってる、倫理法人会の
≪ありがとうカウンター≫内田達雄さんの応援もしていただいて、
子供たちは大喜び。

昨日の講演で息があった3組のご家族も
ボランティアで入っていただいてるそうです。



たこ焼き・焼きそば・かき氷・
フランスパンのオイルソテェー
スタッフも手馴れてきました。


多くのスタッフのお手伝いを頂いて、この成功があります。

ありがたいですねー。

手を合わせるしかできませんわ。

そうそう、10年前に出会ったお客さんが来てくれてました。
随分と探したそうです。

話すこと30分くらい?
すごい縁で結ばれていたものです。
やっと、じょぶにお願いできるわ・・と喜んでおられた。


なんとなく、言葉が先行して、この祭りはスタートしました。
こんなに、成長するとは思いませんでした。
日頃の感謝を形にするにはどうしたらいいのか?

スタッフはこの日の為に、どうくらい時間を費やしたんだろう?
ここ最近は、帰ってきて一仕事が終わってから
設営の準備や、材料の準備・・・いろんな事をやってきました。

ただただ・・・目的は感謝の形の為に。

すばらしいこの子たちを、褒めてあげたい。
ありがとう。


感謝fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2013-07-28 21:39
こんばんは。佐藤です!!

昨日・今日は走りまくりでした。

本日も現場完成見学会。
沢山の方がお見えになり、暑さの中で
大いに学ばれたことを、感謝します。



金曜日の熊取の地鎮祭から始まりました。
ナント施主様のお父さんは、警察官。
師範で居た佐藤の知り合いの先生をご存知でした。
世の中は実に狭いです。



昨日はいつもの如く松原市倫理法人会の
経営者モーニングセミナーへ陽子さんと行きました。

そのあとは、箕面の彩都で上棟式。
工事ラッシュが始まっていました。
地鎮祭の時はそうでもなかったのに・・・


f0197504_19453935.jpg



ユックリも出来ずに、CS会・大阪電気倶楽部で
『卒寿の禅老子・記念出版記念』
200名から集まって、お祝いをしました。

信念を持ってる人は違いますね。
言ってることが迫力満点。そして実践力も半端じゃないです。

f0197504_19511913.jpg


老子は言います。
あると思ってるのは、実はない。
この身体も、この世のすべては実は何もない。

サスガに禅老子。
わかるようで判らないお話し、ありがとうございます。

そこから、千里に上棟式。
久しぶりに上棟式らしい場面に遭遇。
今や、お酒の出せない上棟式が多く。
簡単に済ませてしまうのが、当たり前です。

が・・・

東京から建築家の」先生も、お見えです。
施主様は、今日は接待する方と言うことで
豪華な食事を準備されて、職人さんや監督関係者に
大いにふるまわれました。感謝です。
勿論、ノンアルコールで。


そして今日は、京都府木津で地鎮祭。
向いのオウチは江戸時代の重要文化財です。
時間が、ゆったりとまったりと流れていて
近隣挨拶に行ったとき、近所のお母さん連中が
収穫した野菜の荷造りに、精を出されていました。

実にいい光景でした。
それだけで感謝です。

そして午後から、尼崎で教会の建て替えの工事契約。
敬虔な信者さん4名が建設委員会を作り、牧師さん
立ち会いの中で、完成保証、瑕疵保険の重要説明をして
了解を戴いたのち、調印式。
説明するも汗だくでした。が何とか理解して頂けたようです。

f0197504_1956371.jpg


走り回った中で、実にいい方々と出会っているんだろうと
改めて深く思いました。

そうです。家を建てるお手伝いが出来るご縁。
大きな大きな縁の中で、生かされている我が身。

袖すりあうも、多生の縁。

この世に存在して、ご縁を戴くのは多くの輪廻を繰り返し
出会うべくして出会っている人たちであると言います。


それが、どんな出会いであったかは、わかりませんが
大いに感じます。
これからも、大いにその縁を大切に『つないで』いきたいものです。


今日も一日・・・ありがとうございました040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif


感謝fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2013-07-21 20:06

建て方

おはようございます。佐藤です。


昨日から千里の家の建て方が始まりました。
とても大きなおウチです。
監督も、大工さんも総出で応援です。
施主様もご機嫌です。

若い子たち、それこそ真っ黒けになって帰ってきました。
愛おしくて・・凛々しくて・・自分の現役時代を思い出しました。

あの夏の日。
暑くて水をがぶ飲みして、頭から水をかぶり、
灼熱の太陽の下で
『このやろー!!負けるか!!』
歯を食いしばってやってた頃。

何も怖くなかった。
そこにあるのは、この仕事を早く終わらせてやる!って気持ちだけ。

ほってた体に、冷えたビールがうまかった。
しとどに飲んだ。


世の中にこんなうまい飲み物があるなんて
白い真綿が、どんどん墨を吸い取るように
体の中に、いくらでも入った。

また、次の日も繰り返し…くりかえし
そして、それは遠い想い出になっていった

くれぐれも、熱中症に気を付けて・・・と
何も怖くなかった自分が、そんな心配をするようになった。

ありがとう・・・ありがとう・・・只々ありがとう・・・040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif

感謝fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2013-07-13 04:02

ゆかりonSUTAGE

おはようございます。佐藤です。

6歳の時に気が付いたら歌っていた。
進駐軍の中で・・・楽屋へ彼らは押し寄せて抱きしめてくれた。
そして、チョコレートや、アイスなど、たくさんのモノをくれた。


家に持ち帰って、溶けてベチャベチャになった、
そのアイスを弟と二人で食べた。
そのバニラの味を、今も忘れられません。


人前に出るのが嫌で、無口な子が、
気が付いたら60年歌い続けてきました。

お菓子がほしくて、歌ってた自分。
何度も、なんども、歌をやめようと思ったけど
あのお菓子に変わって、皆さんの拍手と励ましがあって
嬉しくてあと60年ほど続けようかな?



きのう、伊東ゆかりonSUTAGE~歌い始めて60年~
を観劇しました。

中学生の頃かな?あのソフトで乾いた歌声が好きで
よく小指の想い出なんか・・・・・・・・・

ちょうど初恋や失恋しては、ナルシストよろしく歌ってたものです。
青臭いあの時代を、思い出させてくれました。

時が過ぎて、経験を積み、
感動の少ない時代をこうして生きています。

感動は自分の感性が呼び起こします。

日々、こうして人と出会い
うれしい事や悲しい事や
楽しい事や、つらい事・・・
何でも、感じられる自分でありたい。

昨日一日、ありがとうございます。
そして、今日一日よろしくお願いします。

さー!始動します。・・・ありがとうございます040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif

感謝fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2013-07-08 05:35

感動って?

おはようございます。佐藤です!!

毎日1枚以上のハガキを書く。
・・・の実践をして、もうどのくらいたつのでしょうか?
今は習慣化されたので実践とは言わないそうです。


ここ数日、感動させられることが多いんです。
なんで?

失礼ながら、人は慣れてしまいます。
慣れてきて、感動することが少なくなってくるのでしょうか?
何を見ても、聞いてもさほど感動しない自分がありました。

感動のない人生なんて、生きてる価値はない!と
誰かから聞きましたが、ホンマにそう思います。

でも。あの奇跡のリンゴを観て以来、色んなトコロで
感動する場面に、遭遇します。
多分、その辺りのスイッチが入ったんでしょうか?

昨日の鴻池MSでも、泣けました。
彗星イトカワの探査機ハヤブサの話し。
自分の使命をもって、地球に還ってきたハヤブサ。

最後は粉微塵になって、砕け散る運命にも拘らず
人類の為に自己犠牲をして、イトカワの土や情報を持ち帰った。
その最後の雄姿に、涙が止まらない。

ひとの為にはたらく。
その崇高な姿に感動しました。

一昨日の83歳の現役老コンサルの
もはや、お金の為でなく、自分の人生に
何かを残そうとするその姿に感動しました。

主夫をしている方とであって、いろいろな話をして
能力も知力も体力も、しっかりしている方がナニゲに主夫を?
なにかの使命を感じて、生活されるその姿に感動しました。



些細なことで感動できる自分を、認めてあげたい。
でも。『アホか!こんな事で』と言う自分もあります。

が・・・

我が学びは、≪すべてを受け入れる≫ さー!今日も頑張ってイコか!!040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif

感謝  fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2013-07-05 03:26

奇跡のリンゴ

おはようございます。佐藤です。


昨日は映画『奇跡のリンゴ』を観てきました。
大阪倫理法人会でも、1000人規模の講演会を堺でやりましたね。

主人公の木村秋則氏は元々、好奇心のカタマリ、笑顔100点の人です。
無農薬のリンゴと言う常識はずれな事をやりだして、村八分にされ
6年たっても7年たっても、木が病気になったり、虫にやられたりして
いよいよ、お金も尽き果てて、4つあるうちのリンゴ畑の2つが差し押さえになり

人が持つ最高の機能の笑顔さえ失ってしまった。
何度もあきらめかけた、しかし行くも地獄、戻るも地獄。
一人山に入り、自殺をしようとした正にそのとき
ボ~~っとかがやく一本のリンゴの木を見つけた。・・・


何度も何十も何百も何千も失敗を重ねて、
この山の状況をみて主人公は、ハッと気が付いたんです。
モノは、人は、全ては、一人では生きていけない。


木も同じである。
今まで、木や枝やその物だけに捉われていた。
土の重要さを知ったのである。(元を忘れず)
草は根が深く、力強くたくましく生きていた。

この世に
生きとし生けるものは、その循環があってこそ存在する。
土を入れて、雑草を生やして自然の形に作り変えて、10年目にして
やっとリンゴの木に、花を咲かせて秋に収穫が出来たのです。

家族の絆。
あきらめない事の大切さ。
信じあうこころ。
深い友情。

一つの事を追いかけて成し遂げることの重要さ。
えがおの大切さ。


色んな事の示唆がありました。
泣かされました。感動させられました。
いよいよ、7月です。

景気も上向き、なにより皆さまがお幸せに過ごされますように。・・・040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif


感謝fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2013-07-01 03:56