福男の戯言


by fuku-310
カレンダー

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

チョット寄り道を

こんにちわ!!佐藤です。

現在200年住宅の先導的モデルの完成見学会をしています。

この話に乗っかっていただいた施主K様に、
色んな障害を乗り越えて、頑張った社員さんに、
心より感謝いたします。
ありがとうございました。

話は変わりますが、以前プレオープンしたカフェブルボンの前の川沿いは
春になるとズ~~~っと桜並木の名所となって、にぎわいます。

その並木道の横がきれいな小川が流れています。
コイが遊びシラサギが舞い踊るとてもいいところです。

その道のところどころに、八尾の歴史や名所の案内がこんな具合にあります。
f0197504_16225819.jpg


これは、河内音頭の発祥の地域として
歴史や舞のやり方を案内してましたのでご紹介です。
なんかホッとしませんか?
f0197504_16234518.jpg

f0197504_1624244.jpg


普段時間に流されまくっている私たちとしては、
何気ないこんな時間を大切にしてゆきたいものですね。

そうそう、もう一つ面白いのはここブルボンの勝手口のアプローチ
こんな風にかわいい西欧風の感じで出来上がっていますが
f0197504_16302448.jpg

ナンと・・・・・良くみると、
f0197504_1630538.jpg

愛犬アル・・・大きなラブラドール犬の足跡です。
中々おもろいヤン・・・ということで

こんな時間を見つけさせていただきまして、ありがとうございます。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-28 17:03

倫理経営講演会

こんにちわ!!佐藤です。

24・25日と東京は晴美区へ倫理経営講演会に事業体件報告に行きました。
f0197504_17555161.jpg

築地がすぐ近くにあります。
その築地の玉寿司さんの三代目会長さん・・も来てはりました。
すごいですねえ三代目ってすごい歴史ですよ。
見るからに頑固そうな親方という感じでした。

近くにあの有名な聖路加国際病院もあります。
その日野原理事長の友人の方にもお話を聞く事が出来ました。

なんと97歳の高齢にも拘らず毎年アメリカの息子さんに会いに行くそうです。
そして出された食事は全て三分の一ずつ食べるそうです。

97歳にしてあの笑顔ときりっとした姿勢、本当に素晴らしい先生です。
その嬉々とした生き方に多くのひとが感銘し、学び、実践しています。

又今回は地元、佃の歴史についても、教えてもらいました。

f0197504_1756246.jpg

摂津の人たちが徳川家に招かれて、開拓したのが最初だそうです。
大阪とこんなところで繋がっているのにおどろきました。

いつも思いますが、ここに参加される経営者の人たちは
何でこんなに、元気がいいのでしょうかね。

f0197504_1757611.jpg

報告にあたり、忘れかけてた経営者としての姿勢を振り返る事が出来て
又明日からの活力を、戴きありがとうございました。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-27 18:02
佐藤です。こんにちわ!!

すごい熱い男たちが、じょぶにやってきました。
SE構法の重量木骨プレミアムパートナーの若き経営者たちがつくる会
その名も『いえひと』・・・じょぶは今回ホスト会社として、皆さんをお迎えしたわけです。

f0197504_17115128.jpg

(以下MLから抜粋)
これから始まる長期優良住宅の制度を見据え、未来の子供たちへ大切な いえ を
引き継ぐためにも、大切な課題ではないかと考えます。

いえ を建ててからが、お客様と本当のお付合いがはじまり、お客様の いえ と
生活を守る責任がはじまると思います。

夢のキーワードは、各社それぞれに

『人を喜ばせたい』
『地域貢献』
『感謝すること』
『仕事はおもしい』
『みらいへの継承』

などなど・・同じ志なんですねえ。
これって、やっぱり真実なんだなと確信しました。


非常に熱く、ここざしの高い14社の集まりで、恐らくは
今までの工務店の概念を壊して新しいコミュニティー(といって良いのかどうか)
になると思います。

f0197504_1713453.jpg

今までは、隠す体質がありました。
それを全てオープンに自社をさらけ出して、いい所や悪い所を
出し合い、補いあって素晴らしいグループを形成して行くんでしょうね。

懇親会の席でも皆さんすっごい熱く、語らいあっていました。

ホントに若いという事は素晴らしい。・・・いいですねエエ。
こんな時代だからこそ、こんな熱い人たちと混じらんといけないのでしょうね。

NCNの皆さん、楠亀会長をはじめ会の皆様大きな夢に向けて

「全ては未来の子供たちの為に」

心血を注いで下さいますように宜しくお願い致します。

熱い思いをありがとうございました。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-27 17:17

お礼の言葉

佐藤です。おはようございます!!

一昨日堺の友人と会いました。
佐藤に何とかお礼を言いたいんだとか・・・で。
「何のことやろか?」と思いつつ・・・・

私たちが朝礼の教材に使っている「職場の教養」を2年間ほど送っていました。
そんな彼に倫理を真剣に学ぶ事を薦めて、倫理法人会に入会してもらいました。

父を7年間の看病。
妹さんの家庭問題。
息子さんの問題。
会社の問題。

あらゆる問題が同時進行で起きていて、とてもそれどころではなかったようです。

入会してしばらく、いろんな人の話や、倫理的に自分を捉えられ、実践をしだしてきた時
だんだんと、身の周りの境遇が変わってきたといいます。

重い気持ちが、だんだん軽くなってきて会社に来ても笑顔の自分が出てきた。
会社の輪が良くなってきた。家族の問題が糸がほぐれるように、
ほどけてきて関係が良くなってきた。
まだまだ経営はしんどいけど、家族といい、社員といい
どんどん変わりだしてきている。

すごく薦められ、イヤイヤだったのが今は、
今まで感じたことがないような
気持ちで、前向きに案件に取り組め出してきた。
ホントに感謝していると一言御礼をいいたい。


自分も嬉しくなって、一緒に涙しました。

よかったなあああ・・・・ホントによかった!!

人に感謝されること・・・すごく恥ずかしいけど、スナオにうれしい。
こんな自分でも、人様に役に立てたと言うことに、感謝します。

ありがとうございました。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-26 10:34
佐藤です。おはようございます!(実際はこんばんわですね)

健康管理やりなおし倶楽部なる勉強会に参加しました。
医学博士で外科医のT先生の講話です。

先生は多くのがん患者を手術してきて、西洋医学の限界を知り
全ての病気には、必ず原因がある。

西洋医学はあくまで対症療法で病気の原因を突き止めずに
あくまで現象に対しての治療であると説きます。

多くの末期がんの患者さんを通じて、
『心』と『病気』の関係性が見えてきたと言います。

同じような症状で、同じような手術をしたのに
その後の回復がまったく違うと言うケースが珍しくない。
これらは西洋医学の考え方では説明がつかない。

次第に自分は『内側』に目を向け始めたのです。
人の理性とか感情感性・欲求と言った心の部分に興味を持ち、
患者さんをこのような視線で見ていくうちに、
いろんなことがわかってきたといいます。

昨日は神経質になるな。
割と無頓着な人は病気になりにくい。
消耗する治療を受けない。続けないとも・・・この辺り少し興味がわきます。

現代医療はとかく薬を出しすぎと自分自身も思ってました。
そりゃそうだわ・・・薬屋さんが儲からなくなるからなぁ。

いろいろと考えさせられます。健康があっての人生ですから・・・

T先生、少し体について考えさせられました。ありがとうございます。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-22 23:11

工務店交流会

佐藤です。こんにちわ!

2月20日毎月一回の工務店勉強会がありました。


今回はじょぶの担当です。堺のコアー建築工房さん、神戸の中島工務店さん、
兵庫県は宍栗市からヤマヒロさん4社に増えました。
目的は大阪やその地域で現場の美しさ、きれいさの一番を目指そう。
大阪一きれいな現場を目指そう。

そんな取り組みからでしたが、回を重ねるごとに
共有できる会社の特性を持ち寄って
会社のレベルをアップさせようという事になってきています。

最近は若い人たちが自主的に、やりだしてます。
とても良いことだと思います。

この若者たちが大きく育って、今よりもっと良い会社になって
今よりもっと、施主に幸せの家つくりをしてくれたら、なんて素敵でしょうか?

そんな事を夢見ながら若者たちにありがとうございます。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-22 12:44

じょぶ講話会

佐藤です。おはようございます!

今回で6回目6年の講話会が開かれました。


f0197504_8113490.jpg



今回の講話者は、大阪市PTA会長の久米井孝夫さん。

f0197504_8141187.jpg

タイトルは=今子供たちの置かれている現状=

PTAとは児童・生徒のよりよい教育環境の醸成を目ざす
父母と教師によって構成される教育団体で、
PTAはparent-teacher associationの頭文字をとったものである。
それぞれの学校ごとに組織される ...-日本大百科全書(小学館)

子達の今の環境、携帯であるとか、実力試験の件であるとか、実に今に即したお話でした。
PTAの組織のこと・・・政府と直結してること。
子達の携帯のこと・・・メールをすることによる大きな障害を具体的なお話
モンスターparent・・・凄い強烈ま抗議をしてくる父兄のこと

久米井氏はいいます。・・・皆孤独なのを凄く感じる。
それが人との付き合いの中で、ドンドン性格が変わっていく。
与えられた環境が大きく子達を変えてゆける。
結局大人の背中を見てると言うことです。・・・
そうです。経営も社員さんや、業者さんが経営者を見て
それぞれ判断します。
いいも悪いもそれで決定付けされます。
凛とした姿勢でイカンとダメですね。
f0197504_815755.jpg


二人目はNCNの高市氏。=重量木骨の家とこれからの家つくり=
f0197504_816699.jpg

SE構法の会社の方です。この会社のコンプライアンス、クオリティー
志の大きさはいつもながら感心します。

1960年代から始まる、大量生産、大量消費に始まり、
現状の多様化・個の時代分析から、今からの家つくり
実に参加者の興味のあるところでした。

三人目は私佐藤です。=三つの病原菌を克服しよう=
企業組織の持つ、知らぬ間に襲われる企業病・組織病について
現状のじょぶの置かれている立場・これから行こうとするところ

いま自分たちのやっていることは、全て『幸せな家つくり』を目指すためのものです。
いい会社を作ろう
いい人間になろう
いい事業環境を作ろう
それは関る全ての人の集まりが、それに向かわないとダメです。
心を一つにして、向かうとき何かが音を立てて廻り始めます。

そこにこの講話会をひらく価値が見出されてゆくのです。

講話者の先生、よい話をありがとうございました。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-22 08:19

公開例会

佐藤です。おはようございます!

昨日同友会の公開例会でした。参加者は201名、空前の数です。
そこで司会をさせていただきました。

報告者はKDPと言う人材派遣の会長です。
大変な人生を送っていました。人は聞いて見なければ判らんものですね。
とても地獄を見た人には見えないですよ。

それが、その人の持つ『徳』なのでしょうか?

それにしても凄い参加者数でした。
この時代に何かを見つけたいと言う経営者が多くいます。
何をよりところにすればと・・・・

そんな中で光った言葉を一つ
・・・一所懸命にやった!必死でやった!けどうまく行かない。と言う人がいますが
『本気でやったか?』
『本気でないと、うまく行くはずがない!本気を出せ!!』

と言う話がありました。

日頃自分たちは、誰よりやっていると錯覚しがちです。
そこには人の助力があり、影響されて助けられて生きてます。

うまく行くと自分のせい、うまく行かないと人のせいにしがちです。

経営者はいつも、自分で責任を取らねば成りません。
誰のせいでもありません。全ては自分の責任です。
だから本気でヤランといけないのです。

こんな話を聞きながらも、タイムスケジュール通り会を進めねばなりません。
何とか大過なく終われて、気が抜けたみたいに成りましたが、そんな余裕もなく
又、恒例のじょぶ会の講話会がまってます。

次から次と・・・ありがたいなあぁ・・・これがいい。これでいい。

今日も目覚めさせていただきました。・・・ありがとうございます。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-20 05:29

ビジョン

佐藤です。おはようございます!

会社組織のビジョンと人生のビジョンの共通したところがあることに、
今更ながら気がついたので、報告します。

会社(人生)のビジョンは、長期的且つ持続的に成長してゆく為の条件として最重要項目です。
市場環境の変化の激しい現代、会社が向かうべきところ、方向性を示し進んでゆかないと、
組織はちぐはぐになってしまいます。
人生設計も良く似たところで、
大まかに20代はこう30代はこう40台はこう生きよう。
そしてこうなりたい。という人生設計を立てます。

ビジョンとは、「何の為に?」「どこに行きたいか?」目的と方向性の問いです。
本来大きな目的(ビジョン)も無しに、小さな目標を設定する事は出来ません。

人生も生きる大きな目的を持って、年代ごとの目標を設定する事が大切です。

ビジョンを掲げる事で、組織全体が、一体感のある活動をし、価値観が共有できるのです。

又企業は社会的貢献という使命を持つ。

という部分が中々理解できなかったのですが、
最近ようやく、どういうことかがわかりました。

もう各地、各法人で企業倫理の確立や運動が盛んに行われています。
地域や社会に、自分たちは何をすればよいのか?
又個人として何が出来るのか?

今朝も、とある会社の社長さんが、モーニングセミナーで、
自分は無茶苦茶な人生を送っていたが、
40代を機に、曲がっていたレールがいろんな人との出会いで、
まっすぐなレールに乗っかる事が出来たような気がする。
とおっしゃってました。
きっと、それではいけないと判断して、自らを励まして色んな所に出向かれたのでしょう。

変わろうという意識が、自分を変えてゆくエンジンになるのでしょうか。
そして、色んな出逢いがガソリンとなって、変革がおきてゆくように思います。

人の出会いにありがとうございます。


感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-19 11:10

CM勉強会Ⅱ

佐藤です。こんにちわ!

昨日CM勉強会の仲間の懇親会がありました。
CMについては以前ブログにアップしました。
主催は日本プランニング一級建築士事務所 中村先生です。

別々の専門業者が一つに心を合わせて、家を建ててゆくのはかなり難しいと思います。

主催者はこういいます。

目指すところは
 *お施主さんが、誰かに紹介したくてしょうがない現場
 *次に繋がるモノ造り
 *皆が笑えるモノ造り

「そのために一蓮托生の思いで徹底した 「CM現場美化!」
を目指しまして、引き続き皆様と、力と知恵を出し合い、なんとしても
実施に繋げたいと思います。」と・・・


志を一つにして、お施主様に喜んで頂ける熱い思いの家づくり・・・思いは皆一緒です。
皆さんかなり、わぁわぁとなって心が和らいだようです。
次回からの勉強会は、きっと和やかにそしてスムースに行くことでしょう。

氣を和ますお酒にありがとうございます。

感謝 fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2009-02-18 18:30