福男の戯言


by fuku-310
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

里帰り

こんにちわ。佐藤です!!

帰ってきました。
走行距離768km。
昔はバンバン行けてたけど今は無理!!
絶対ムリ!
こんなときに息子のありがたみを沢山感じます。


ホンとにアリガトウ!!
しんどかったヤろ。オオキニ!


カミさんの父母の墓は長男が見てくれています。
実家の敷地の中に。
義父の妹さん夫婦もいらっしゃいます。
さぞかしにぎやかなことでしょう。

ジイさんの石松さんが、船場でゲタ屋さんの商いをして、
息子である義父の病気を癒すために
店をたたんで、遠く広島は竹原の地へ
天理教の布教のためにやってきたのが最初と言う事です。

おそらく当時自分たちの想像すら出来ないご苦労があったことでしょう。
そんなセンダチに守られて今の我々が存在しているのは間違いなかろうかと・・・

長男・弟と夜遅くまでそんな話で盛り上がりました。
佐藤はいつも頭の中に存在している言葉・・・・があります。

『船場の大教会長が義父の葬儀のときに、
自分が若いころ父の背中から後光が差してるのを見ました。』

その言葉があまりにも印象的だったので又その話になりました。
すると長男が

『それはモクモクとひとり草を引き、人の嫌がることをススンでやってきた。
その継続を会長さんはズッと見てたんです。』


と言う事でした。
ソンなんもっとはよ言えよー。
デけんナー!佐藤にはムリ!

しかしながら我々には伝えていかねばならない義務もあります。
子達に言い伝えて、行くことで世の中に少しくらいは貢献できるでしょうか?


お墓の掃除も息子と二人でさせていただいて
ピッカピカに磨き上げてきました。

アリガトウございます。
アリガトウございます。
と念じながら・・・

年に一回だけどごめんなさい。
又来年もきますよ。
そして又あなた方の息子といっぱい話をしますよ。

・・・・・・・・・・ありがとうございます040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif

感謝fuku310
[PR]
by fuku-310 | 2010-08-15 18:11